FC2ブログ













「好き」「褒める」が上達の早道

カタカナを練習中の息子の話。


読めたのですぐに書けるだろうと思いきや、全然ダメ


ひらがなと混乱したり、「シ」と「ツ」を書き間違えたり、なかなか進みませんでした。


私もイライラしちゃって怒ってしまい大反省することもしばしば


できなくて当たり前、ニコニコ太陽ママにならなきゃ~と思ってた矢先!


あっと言う間にカタカナをマスターする事件があったのです


それは、、、


ウルトラ怪獣


「ママと怪獣の名前と身長をお気に入りのノートに書いてみようか?どの怪獣が一番大きいのかな?」


の一言。


すると書くわ書くわ


次から次へと怪獣の名前と身長をノートに書き写し始めました。


始めは図鑑を見ながら写してた息子も、30分もすれば見ずに自分で書けるようになってました


「カタカナ簡単やん


と、言う始末。


好き→伸びる


分かっていたけど、またまた実感


息子を褒めまくってあげました


褒める→さらに伸びる


すっかり自信を持った息子、自分の名前や妹の名前、いろんな物をカタカナにしてノートに書きまくってました



なんて簡単な公式。



怒ってた自分が恥ずかしい



ホント子育てって難しいな


スポンサーサイト



2009年01月24日(Sat) | 息子のアレコレ | TB(0) | CM(0)